<   2005年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大好きな喫茶店!または、R指定。

c0070396_16093.jpg


交差点に建つ喫茶店の2階から、信号待ちの人々が見える。
黄色になると動き出す関西人特有の行動が面白い。
それは、人だけでなく、車にも言える。
無理矢理、左折や右折をしようと、堂々と交差点の中央に入り込んでくる。
青に変わった直進方向が少しでも渋滞気味だと、お巡りさんの出動が必要なくらい。

・・・・ためにはなるが、そんな話をしたかったのではない。
窓から見下ろす位置に信号待ちをする人々。
まだ、夏の装いをが似合う陽射しの強い昼。

下着をつけない外人さんが、胸開きの広い服で立っている。
猥褻物陳列罪に当たる部分が見え隠れしている。

信号が青に変わって、歩き出す一団。
ユルユルのローライズを履いてモデル風の女の子。
目を疑うばかりに、桃割れがくっきりと半分以上見える。
交差点中央で後ろ手でパンツを上げたので間違いない。

誰も、犯罪者にならないのが、不思議だ!
[PR]
by kyokasi | 2005-09-30 16:00

金糸雀猫・40

40
冬になって、<金糸雀猫>の居場所が変わった。

それまでは、自分用の丸い座布団の上か、カナリヤの居る玄関の框だったのだが、
寒くなってきて、僕の足の甲を選んだ。
椅子に座る脚は開いているので、片足の上に乗らないといけない。
何度も、何度も、何度も、座り直りながら、気持ちが高揚してくるのか、
<金糸雀猫>の喉は鳴りっぱなし。

圧巻は、母親の話。
『せっかく足を拭いたのに、お前が居ないから、すぐ出て行ったよ』
[PR]
by kyokasi | 2005-09-28 07:00

金糸雀猫・39

39
ある日、母親が大声を上げた。
『この子、頭が変だよ!』

見ると、頭が倍近くに膨れている。
薬箱を出してくると、前回の怪我の手当てを覚えていたのか、お座りして待っている。

アクリノールを塗ろうと思うが、傷は瞼の近くで、引っ掻き傷のようだ。
化膿して居るので、血が出てくるまで絞り出す。
絶対に痛い筈なのに、鳴き声一つ出さずに我慢している。
絞る度に、手が無意識に動くのが、愛しい。

今回も、氷で冷やしながら、抱いてやる。
喉は、手当ての初めから、途切れることなく鳴っていた。
[PR]
by kyokasi | 2005-09-27 20:35

金糸雀猫・38

38
ある日、母親が大声を上げた。
『この子、手が腫れてるよ!』

見ると、掌を怪我している。
古釘でも踏んだのだろうか?
手は、倍以上に膨れている。

痛いのは騒ぐだろうから、アクリノール漬けにする。
熱を持っているようなので、解熱剤を粉にして、チョット舐めさせる。
抱き抱えて、氷で冷やしてやると、喉を鳴らす。

野球を見ながら抱いていたが、いつの間にか一緒に寝てしまった。
[PR]
by kyokasi | 2005-09-27 10:34

金糸雀猫・37

ある日、母親が大声を上げた。

『開けちゃ、駄目だよ!』

扉の外では、何かが羽ばたく音が聞こえる。
蛙の話を知った母親は、その音が鳩を銜えてきた<カナリヤ猫>に違いないと言う。
『鳩は捕まえないだろう・・・・』と、言ってはみるが、物音は尋常ではない。

やがて、<カナリヤ猫>は扉が開かない事を知ったのか、何処かに行った。
庭も、裏も、鳩の羽根で溢れていた。

頭のいい猫で、それ以後、獲物を銜えて来る事は無かった。
[PR]
by kyokasi | 2005-09-26 06:59

金糸雀猫・36

ある日、<カナリヤ猫>が自分の頭の倍はある蛙を銜えてきた。
蛙は、手脚をバタつかせて、もがいていた。
見上げてくる顔が誇らしげだった。

一番美味しい(高い?)缶詰を開けてやり、蛙を取り上げる。
母親が戻る前に片づけないと、大騒ぎになる。

その日は、<カナリヤ猫>も、僕も、足を拭くのを忘れた。
[PR]
by kyokasi | 2005-09-23 05:24

金糸雀猫・35

小鳥達の遊び場だった四畳半は、
拭き取れなかった鳥の糞で一杯だったが、
<カナリヤ猫>が<鼠>遊びを始めてからは、埃となって取れ、
寝ていた絨毯の房も梳いた様に毛羽立ってきた。

『綺麗になったよね』 と念を押したら、母親が黙って笑った。

幼い頃、耳を思いっきり引っ張られた事を、突然思い出した。
[PR]
by kyokasi | 2005-09-22 04:21

金糸雀猫・34

<鼠>は、僕が退屈すると始めるわけだが、
普段は、柱の釘に引っ掛けてぶら下げてある。
僕以外の家族は、真剣に遊んでやらないようだ。

外で遊ぶより面白くなってきた<カナリヤ猫>は、見極めが鋭く、僕の前に来て鳴く。
『にゃぁ。。。。。。』
顔を向けると、トポトポと<鼠>の下に行き、お座りする。

放って置くと、もう一度『にゃぁ。。。。。。』と鳴く。

それでも、相手をしてやらないと、扉を開けて、出て行ってしまう。
[PR]
by kyokasi | 2005-09-22 04:10

お伽話、又は、近未来小説・8

新聞屋さんと契約。

一年契約で3000円のクオカードを呉れるという。
年内しか要らないと言ったら、それでもいいと言う。
おとなしそうな青年なので、洗濯石鹸1箱と珈琲パック1箱もくれた。

ネット契約だと、1000円のクオカードだけ。
おまけに、中途半端な今月分も、日割りとなる。
[PR]
by kyokasi | 2005-09-22 04:09

金糸雀猫・33

退屈な時間を猫と過ごす方法(2)、又は、猫に遊んで貰う方法。

☆全盛期編
<鼠>を猫の見える所で少し動かしてやると、猫は物陰に隠れる。
猫は伏せの状態からお尻を徐々に上げ、後ろ足が足踏みをするように動き出す。
猫がダッシュを始めると同時に、<鼠>を引く。
真剣勝負は五分五分、猫が動けなくなるまで続く。

珠に、時間が無くて、途中で打ち切ると、猫は欲求不満で外出する。
[PR]
by kyokasi | 2005-09-22 02:36


60の手習い 山登り始めました。


by kyokasi

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2013年 05月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧